繋ぎ目がない。ULYSSES(ユリシーズ)『クラシコ・ヴァリアンテ』はミラーレス時代におすすなレザーカメラストラップ

繋ぎ目がない。ULYSSES(ユリシーズ)『クラシコ・ヴァリアンテ』はミラーレス時代におすすなレザーカメラストラップ

カメラストラップはこれまで、純正の付属品を利用してきました。理由は単純で、特に困ることがなかったからです。

ただ日に日に、こだわりをもって選んだカメラなのだからカメラストラップにも、こだわりをもってみようと思いました。
最終的に今回、購入したカメラストラップをご紹介。

今回購入したカメラストラップは、FUJIFILM から発売されているミラーレス一眼、XシリーズのX-T2に装着しました。

【PayPayチャレンジで買ったもの】FUJIFILMのミラーレス一眼カメラ『X-T2』を購入

スポンサードリンク

ULYSSES(ユリシーズ)『クラシコ・ヴァリアンテ』を買いました


私が購入したのは、ULYSSESから発売されているクラシコ・ヴァリアンテ(Mサイズ)です。

ULYSSES(ユリシーズ)とは

ULYSSESは、カメラケースやカメラストラップ、財布などの商品を扱うお店です。一点一点こだわりぬいた素材を使用しており、モノに対する思いやりを強く感じられます。
商品はインターネットのオンラインショップ他、家電量販店やカメラ専門の実店舗などで、購入することができます。

ULYSSES

『クラシコ・ヴァリアンテ』を選んだ理由

私がカメラストラップを選ぶ際に重視したのは、以下のポイントです。

革製品であること

・色にブラウン(茶色/キャメル/チョコレート)があること

・ストラップ部分の長さが100センチ前後であること(長すぎないこと)

スマートな見た目であること

・購入前に手にとって実物を確認できること

レザーの1枚革、繋ぎ目のない両表(りょうおもて)仕立て

クラシコ・ヴァリアンテは、2枚の革を貼り合わせた両表仕立てになっています。
繋ぎ目のない作りを実現するため、通常のレザーストラップよりも大きな皮を使用し、作られました。

私が革製品に期待する事の一つに、時間や使用による素材そのものの経年変化があります。
これから長く愛着を持って、変化を楽しみたいと思います。

カラーは4色

カラーはブラック、ネイビー、チョコレート、グリージオの4色展開。私はチョコレートを選びました。

大きすぎないスマートな見た目。必要な部分に、必要最小限の幅を

カメラストラップの長さは、105センチ(Mサイズ)と120センチ(Lサイズ)から選べます。

身長が170センチの私は、Mサイズを選びました。個人差はあると思いますが、ちょうどおへその辺りにカメラが来る設計になっています。

カメラストラップの幅は首元で26ミリ、その他の部分で10ミリになっています。

首元が細すぎれば、一部にかかってくる負荷が大きくなり携帯性が損なわれてしまいます。
反対に太すぎれば、ミラーレスカメラのようにコンパクトな見た目には不釣り合いとなってしまいます。

クラシコ・ヴァリアンテはその問題を、大変スマートに解決していました。

ヨドバシカメラ梅田店で購入しました

カメラストラップにしては、クラシコ・ヴァリアンテの値段は高いです。失敗できない値段なので、どうしても購入する前に実物を確認したくなりました。
ヨドバシカメラには在庫も豊富で、全色手にとって確認をすることができました。

まとめ

私が初めて購入した、カメラストラップをご紹介しました。
「モノに愛着を持って長く大事に使う気持ち」を思い出させてくれる。そんな、カメラストラップです。

B!