【PayPayチャレンジで買ったもの】FUJIFILMのミラーレス一眼カメラ『X-T2』を購入

【PayPayチャレンジで買ったもの】FUJIFILMのミラーレス一眼カメラ『X-T2』を購入

FUJIFILMのX100Fを購入したのが今年、2018年3月のことでした。それから9ヶ月が経ち、気がつけばいつもカバンには、X100F。
おしゃれな外観と写し出されたスチルの表現力は、所有者を心から満足させてくれます。

それほどX100Fのことが好きだからこそ、不満に思う点がありました。正確には、渇望していることがありました。
この描写力を、もっと色々な画角で体験したい。

悩み始めて数ヶ月、PayPayから「100億円あげちゃう」キャンペーンの開始がお知らせされました。開始後初めての、週末。購入を決意した瞬間でした。

X100Fの記事はこちら

所有欲を満たしてくれるカメラ。『X100F』で撮影したjpeg撮って出し写真をご紹介

スポンサードリンク

ビックカメラでFUJIFILM X-T2を購入しました

X-T2は、ビックカメラで購入しました。購入したのは、標準ズームレンズとセットで販売されているレンズキットです。それぞれ別々に購入してしまうとレンズの値段が割高になってしまうのですが、FUJIFILMのミラーレス一眼は今回初めて購入することもありこちらを選択。黒の化粧箱が、最高にかっこいいです。

レンズ

まずはレンズから。(ピント行方不明・・・)
XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS という、手ブレ補正付きの標準ズームレンズです。これだけでもX100Fとは違った画角(X100Fは23mmの単焦点)を楽しむことができ、ワクワクしています。

レンズ単体での重さがおよそ、310gです。スマホ2つ分程度の重さですね。

純正のレンズフードも付いていました。バヨネット式です。

カメラ本体

お次はカメラの本体です。化粧箱のXロゴがかっこよすぎて、手が震えました。

ずっしりとした本体。モダン、シックで所有欲も満たしてくれる黒の表層。X-T2のロゴが、輝いて見えます。
手が小さめの私は、グリップ部の小指余り現象もおこりませんでした、

背面液晶は3軸のチルト式になっており、上下と右に傾けて撮影を行うことができます。右下には安定の、MADE IN JAPANの文字が。

X-T3では生産国を中国に移したらしく、X-T系ではこれが最後の、MADE IN JAPANとなります。ブランド志向のかたは、これだけでも十分購入する価値があると思います。

カメラ本体に、レンズをセットしてみました。この状態でレンズ込み、およそ820gです。ちょうどiPhone XSとiPad Pro 12.9インチ(2018)を足したような重さですね。カメラストラップは少し太めで、首への負担を軽減してくれるものをおすすめします。

上から持っている様子がこちら。カメラ本体にレンズ込みでこの大きさは、とても小さいです。
操作系が一通り、物理ダイヤルで用意されているので設定まわりをこれから勉強していくかたにも、扱いやすそうですね。

レンズフードも装着。(惚れた)

外付けのストロボも付いていました

X-T2には、純正の外付けストロボも付属していました。前方を照らす用途のみで、利用が可能です。
天井バウンスなどは行えませんので、あくまでも補助的なイメージで私はあまり、活躍するシーンがないかなと思っています。左右への首振りまでとは言いませんが、天井は向けれるように設計をしてもらいたかったです。

X-T2で使っているSDカード(Lexar Professional 1000x SDHC/SDXC UHS-II 32GB)

X-T2のSDカードスロットは、高速データ転送が可能なUHS-Ⅱの規格に対応をしています。せっかくなので今回は、新しくUHS-Ⅱに対応したSDカードを購入しました。まずは最初にフォーマットを行なって、利用をしていますが初期不良などもなく、問題なく利用ができています。

X-T2に貼っている液晶保護フィルム(液晶保護フィルム MarkⅡ/X-T1/X-T2専用)

背面液晶の保護フィルムは、HAKUBAのフィルムを貼っています。ガラスフィルムなどもあるようですが・・・こちらで必要充分だと思っています。

標準ズームレンズ用に購入したレンズフィルタ

ヨドバシカメラのポイントが余っていたので、FUJIFILMの純正フィルタを購入しました。非純正のものと比べるとお値段は張りますが、ブランドの安心を買うことに。

フィルタはプラスチックのケースに入れられており、内部はスポンジでしっかりと保護されていました。

PayPayチャレンジの結果、どれくらいのポイントバックがあったのか

最大キャッシュバックが10万円ということで、期待しかなかったのですが結果は見事に、失敗。それでもビックカメラのポイントと合わせて、4万円分は還元を受けることができました。
これで新しく、単焦点レンズを追加する予定です。ありがとうございました。

まとめ

PayPayの「100億円あげちゃう」キャンペーンに便乗して、FUJIFILMのX-T2を購入しました。
使い勝手などはおいおい、記事にするかもしれません。

KEYWORD
B!