【マンション暮らしにも】無印良品の観葉植物はハイドロカルチャーがおすすめ:緑のある暮らし Vol.1

【マンション暮らしにも】無印良品の観葉植物はハイドロカルチャーがおすすめ:緑のある暮らし Vol.1

部屋に緑のある暮らし。

私がこれまで購入してきた、もしくは気になる植物をご紹介する「緑のある暮らし」シリーズ。

第1回目は無印良品の「グラスハイドロ2号キューブ鉢」をご紹介します。

スポンサードリンク

購入から、半年後の様子はこちら

ドライフラワー作りに興味があるかたは、こちらの記事がおすすめです!

無印良品「グラスハイドロ2号キューブ鉢」

無印良品の観葉植物(ハイドロカルチャー)

こちらが今回ご紹介する観葉植物です。3月に購入し、ひと月ほど経ちましたのでレビューをしたいと思います。

植物の名前はパキラといい、初心者の方でも比較的、簡単に育てることができるということで今回は購入に踏み切りました。私自身まだまだ、観葉植物初心者なのです。笑

無印良品の観葉植物(ハイドロカルチャー)

グラスハイドロのハイドロは、ハイドロカルチャー(水耕栽培)の略ですね。丸い石のようなモノがハイドロボール(ハイドロコーン)で、植物を育てるための人工の土です。

室内での栽培に適しており、虫が発生する心配が限りなく0に近づきます。また土独特のニオイなども無く、家具などへのニオイ移りを心配する必要もありません。

替えのハイドロボールも、無印良品で販売しています。

観葉植物用ハイドロボール 500ml

ハイドロカルチャーの水やり

無印良品の観葉植物(ハイドロカルチャー)の水やり

水はこの線まで、入れましょう。与えすぎると根腐れしてしまう恐れもあり、植物の寿命に影響してしまいます。

水やりに関してはガラスから見える範囲の水が乾いてから、与えるようにしましょう。これも水を与えすぎないようにするための、工夫ですね。

室内インテリアとしてのハイドロカルチャー

室内インテリアとしてのハイドロカルチャー

パキラは青々とした葉が特徴的で、室内に1つあるだけでかなり、癒されますよ。

光の当たり加減で濃い緑に見えたりもしますが、1日を通した変化が楽しめるのもまた、室内観葉植物のメリットですね。

今回購入したものは号数も小さく、テレビボードや本棚といった、室内のインテリアにも自然に馴染むことができます。リビングや寝室、デスクの上など、設置する場所を選びません。

小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、公園の石と同じ扱いを受ける恐れもありますのでその点だけ、注意が必要かもしれませんね。笑

キタンクラブ、PUTITTO seriesとも相性抜群

キタンクラブ、PUTITTO seriesとも相性抜群

PUTITTO seriesの自分ツッコミくま。かわいい。かわいすぎる。かわいいは正義。

PUTITTO 自分ツッコミくま

まとめ

室内インテリアにおすすめな、無印良品の「グラスハイドロ2号キューブ鉢」のご紹介でした。

お値段も1000円未満で購入できますので、これから観葉植物デビューをしたいという方にもおすすめです。

このような形で次回も不定期ながら、「緑のある暮らし」シリーズをお届けできればと思います。

今回ご紹介をした観葉植物が写っている記事

素敵なドライフラワーもご紹介をしています

B!