MacBook Pro 13インチ (2018) モデルのスリーブケースはぴったりサイズの『inateck』がおすすめ

MacBook Pro 13インチ (2018) モデルのスリーブケースはぴったりサイズの『inateck』がおすすめ

私は毎日、ノートタイプのパソコン(ラップトップ)を持ち歩いています。機種は、AppleのMacBook Pro 13インチモデル。重さも1.37キロで、小柄な私でも問題なく持ち歩くことが出来る大きさです。

鞄は、MOTHER HOUSEのトートバッグ。購入から1年ほど経ちますが、少しずつ使用感がつき味が出てきました。

移動の際、気になるのはパソコンの収納方法。通勤時などであれば、意図せず付近のかたとぶつかってしまうことなどもあり内部への、衝撃が気になります。
本日は、そんな心配を少しでも軽減してくれるスリーブケースをご紹介。

スポンサードリンク

ノートパソコン用スリーブケース『inateck』

こちらが、今回ご紹介するスリーブケースです。
表面は、シボ感のあるデザインに斑らの模様が印象的で、とても可愛いデザインです。
撥水加工も施されており、雨で鞄が濡れてしまっても被害を抑える事が出来そうです。

中の素材は、柔らかいフランネル素材。パソコン本体を傷付ける事なく、クッション性も兼ね備えています。
挿入部にはチャックなどもありませんので、収納時に気を使う必要がありません。これは非常に、よく出来ていると感じました。

MacBook Pro 13インチモデルに最適化されており、重ねるとちょうど一回り程度の大きさ。このサイズ感で、クッション性も備えるケースというのは中々ありませんよ。
※2016年発売以降の13インチモデルに対応しています。

小物収納も完備。これ1つで、色々持ち歩けます。

ケースの両面にはジッパーが付いており、小物などの収納が可能。
私はここに、ウェスタンデジタルのポータブルHDを収納しています。

ガジェットポーチの取り回しが心地よい

inateckのスリーブケースには、同素材で作られたガジェットポーチも付属していました。私はここに、Ankerの充電バッテリーやケーブル類の小物を収納しています。
同じデザインで統一されており、デスクに置いても違和感がありません。

まとめ

普段私が使用している、MacBook Proのスリーブケースをご紹介しました。
スマートに持ち運べて、おしゃれなルックス。見た目以上に実用性もあり、最初のケースにおすすめです。

KEYWORD
B!